例によって(笑)思いつくまま 日程を決め
「エイプリル・フールだから 覚えやすいね」
嬉しそうな 脳天気な麗さん。(汗) 
ところが 常連のお客様に連絡をしてみると・・
「アホか!ってメールが返って来た。忙しい時期だって!
・・どうしようか」 さすがに困り顔。

・・が・・ すぐに 「でも次は行くから 頑張ってね って。
嬉しいよね(笑)」
     
・・・・・・ 反省と言う文字はないようでございます。  

緊急事態を救ってくれたのは 皆様のあたたかい
サポートでした。

子ねずみさん連れて行きますからね」
「私は行かれないけれど、友人を送り込み
ますよ、子ねずみさんだけです(笑)」

くちこみライブのあたたかさ 有り難さを 今回は
いつにも増して 強く感じました。

「子ねずみさん」・・・失礼な呼び方と思われるかも知れませんが
このライブでは 愛情を込めてそう呼ばせていただいています。
「ファミリーへようこそ」 そんな思いなので、お許しくださいね。

「いや〜本当に最高なチームワークでしょ?
のれんをくぐって会場に入るライブって あまり無いと思い
ますよ。 シャレを逃さず形にしちゃう。
こんな可愛い手ぬぐいまで作っちゃいました(笑)
本当に温泉みたいになってしまいましたね。
どうせなら真剣に遊んじゃう・・・そのほうが楽しいですね。

麗さん歌いますvol.5 3月31日 4月1日 南青山MANDALA

「年度変わりの二日間にやるの?!」
・・・・今回は 前途多難なスタートになりました

だから尚更 満員のお客様を見て、感謝の気持ち
で、胸があつくなる私達でした。

「皆様 ようこそ 音楽温泉ねずみの湯へ・・
女将の麗です。どうぞゆっくりとおくつろぎください。

今日のドレスは人間ミラーボールみたいでしょう(笑)
私は人魚姫のイメージだったのですが 娘の感想は半魚人
・・・魚の部分の割合が多すぎるんだって・・・」
 

いきなり出た半魚人宣言に メンバーも大笑い
ぬるめの湯加減で ライブのスタートです。

今回は入り口に「ゆ」の のれんがかかりました。

温泉ですから 肩書きも年齢も 何もかも脱ぎ捨てて 心を遊ばせてくださいね
頭のてっぺんまで優しい音楽に浸かって 疲れを癒してください」

次ページ

オリジナル手ぬぐいと
手作りののれんは
麗さんへの 愛情いっぱいの 応援の贈り物なのです。

お客様も 不思議な温泉宿を思い切り楽しんでくださいました。