あまりにも凄惨な状況を目の当たりにして、わからなくなることがあります


あまりの理不尽さに 心も体も固くなり、うずくまってしまいそうになります。

いったい何故・・・?と何度問いかけても 答えは返ってきません。

今 私達に出来ることは、復興への援助はもちろんですが、

それぞれの命を大切に 命いっぱいに「生き切る」事なのかも知れません。

どの人の命も 亡くなった命と同じ重さの命ですから、

大切に活かしてあげてください。

大好きな人の命の愛おしさや いろいろな夢を持った命の尊さが理解できた時、

あらためて 亡くした命の大きさがわかり、心から悼む事が出来るのかもしれません。
みんな誰かの大切な大切な人でした。

あなたと同じ夢を持っていたかもしれません

同じ悩みを持っていたかもしれません。

明日が来ると 信じて生きていたはずです。

普通に 今日を迎えたかったはずです。

そんな命達と同じ重さのあなたの命を 大切にしてくださいね。


枠を越えて、業種や 立場や、利害関係を超えて、繋がることで、

色々な力になるはずです。

小さくてもいいから、出来ることをしていきましょうね。

そして 「忘れないこと」。それが、一番大切な事だと、自分にも言い聞かせています。

何をしたらいいかわからないならば・・

隣の人に優しい言葉をかけることでもいいのです。

被災地の誰かに優しくするのと同じくらい

価値があることだと、そう思います。同じ重さの命を大切にするのですから。

巡りめぐって、人の心は伝わっていくからです。 

誰かに優しくすることで、そのあたたかさが 誰かを通じて必ず伝わっていくからです。

明るい明日を思い描き 祈るだけでも、ちゃんと役に立ちます。

人の心は繋がっているからです。

沢山の人が 温かくて明るいこころで祈れば、それはひとつの力になると 私はおもいます。

被災地での支援ももちろん、お金を送ることも 

祈ることも、節電することも力になると思います

やらないより やりましょう。そして、続けていきましょう。

私達の日本を諦めずに。もう一度 作り直していきましょう。

「もとに戻す」だけではなく、 価値観を変えて、本当の豊かさって何だろう?

自分はどうしたいのだろう、と一人ひとりが自分と向き合う時なのかも知れないですね

せっかくの自分です。せっかくの命です。

どんな自分でも それが素晴らしい個性です。

必ず役に立つようにできているのです。・・それぞれをちゃんと活かせば・・。。


そう言う私も、今回はずっとうずくまってしまいそうになりましたが・・

こんな春でも 桜がさいていました!

桜は桜として 精一杯命をさかせています。

それを見て 美しいと思いました。

桜が咲く 当たり前のことを慶びあえる日本でありたいと思いました。

私は私らしく、あなたはあなたらしく。命いっぱい咲きましょう。

そして、 他の誰かの花が綺麗に咲くように・・お互いに力を貸し合っていきましょうね。

はなれていても 心はひとつ。

決して忘れることなく、被災地に寄り添いながら、でも 決して暗くならずに・・

笑顔を忘れず 頑張っていきましょう。

・・・ちなみに、 あなたは原発をどう思いますか?

日本は唯一の被爆国です。

それなのに 今 再び放射能の脅威で全てを台無しにされそうなのはなぜでしょう?

私は考えもせずに便利さを利用してきた自分が恥ずかしくて 悔しくてたまりません。

子供達に きちんと未来を手渡してあげられないことが

申し訳なく 情けなく思っています。

たとえ事故が無くても 何万年も危険が消えない廃棄物が出ると言うことを

 何故見ないふりをしてしまったのか?

困るのは ずっと先だから? 自分とは関係ないから?経済優先だから仕方ない?


星は・・何万年も前の輝きを 今 届けてくれています。

美しい光として 何万年も後の人類が見ているなんて、しらないでしょうけれど。

私達がしているのは、全く逆です。

ずっと後の世界に生きる 自分の大切な子孫達が苦しむ「地雷」を仕掛けているのでは

ないでしょうか。

勝手なことを言って申し訳ありません。

でも どうか「私はどう思っているのだろうか」 と心と向き合ってみてくださいね。

今 頑張る時なのではないでしょうか・・・

大きく 軌道修正! みんなの小さな声が集まれば・・世界を動かせると私は思います。

政治家や企業を責めるだけでは 何も解決しないところまで来ていると思います。

日本は 素晴らしい四季を持つ 美しい国です。

私達は そんな美しい国に生まれた仲間です。

助け合えないはずがありません。

震災によせて