センター試験・・・

高校生の頃から芸能活動をしてきた私は、大学受験とは全く無縁でした。

ムスメの持ち帰った問題用紙を見ても、まるで宇宙新聞・・・・・
何が解らないのか わからない・・と言う情けなさ。

もう少し勉強を続けていたら、一緒に考えてあげられる事もあったのにな〜 と思うのですが。

ある日の事、 勉強にも疲れ 不安もあり 心が塞ぎこんでいたムスメに 私がしてあげられることと言えば 状況は全くちがうけれど、 かつて私が苦しかった時の気持ちを思い出し、話す事でした。

「これは誰のせいでもなく、自分で選んだ事だということを思い出して。
受験することも、受ける学校も、誰かに押し付けられたのではなく、自分で選んだよね。

それは とても素敵なことだよ。

結果が心配で 不安になるのはわかるけれど  今 それを考えても何も変わらないよ。
今 できるのは やるか、やめるか それだけだよ。

そして、自分で選んだ事を やれる状況だと言うのは しあわせだね・・・
怪我も病気もなく、災害もなく 戦争もなく 自分のやりたい事のために苦しむ事ができるなんて、本当はしあわせなのかもしれないね。

誰のせいでもない。 だからもちろん 無理にやることでもない。
やりたいと思ったから 精一杯やっている。 それをおもいだしてごらん。

その気持ちを見失うと 誰かのせいにしたり、イライラしたり 心が乱れて 自分が何故苦しんでいるのかわからなくなって来る。

みんな不安を抱えて生きているでしょ?。大人になっても 仕事に就いても 結婚しても、親になっても 上手くいかないことや 起こる事柄を 誰かのせいにしている間は 心は乱れ続けるよ。

どうありたいか、自分で決める。そうしたら、それをやれることを感謝して 喜んでやってごらん。
その結果自分におきることはすべて正解! 失敗はないよ。

失敗した と他人から見えても 自分がそう思わない以上は 失敗なんて無いのだからね。
自分の心が満たされる生き方をする方法はたったひとつ、人のせいにしないこと。
自分を責めるのとは 全く違うよ。
自分で選んだ事を 喜んで頑張り、(他人が判断する)結果にはこだわらない。

必ず これでよかった と思えるようになるから 大丈夫だよ。

第一 あなたの道は あなたしか歩けないんだから 誰にも負けないし、盗られたりしないよ〜」

・・・・偉そうなことを言ったもんだと反省して・・・・おやつを用意して 勉強の邪魔をする私でした。

そうです、我が家では 私はいつでも勉強の邪魔係 (笑)
何かにつけて 遊びに誘います。
「面白いテレビやってるよ〜 」「お茶しようよ〜」「早く寝ようよ〜」・・・・・・・

なぜか・・ それが私に出来ることだと・・・そんな気がするのですよね。

「全く ママは気楽で 楽しそうだね。 それって究極のプラス思考って感じに聞こえるけど」
と呆れて笑うムスメの笑顔を見て  私はこの笑顔を作れたら それで良いような気がしています。

だって・・もうとっくに 追い越されているのだものね。

青白い顔して 難しそうな本を抱えた受験生を見ると 以前は「青春時代に何やってるんだか〜 」
なんて思っていたけれど・・・

今は そこにも間違いなく キラキラした夢があり、頑張ってきた日々があり、自分との戦いがあり
そして、弱さと向き合う 可愛い子供たちなんだな、と思えて 愛おしくなってしまうこの春です。

「ママはよかったね〜 学歴問われない職場で・・・」
と・・・宇宙新聞が読めない私を本気でいたわり 「ヨシヨシ」と言う感じのムスメ・・・

「でも、ママと話すと面白いよ。」 と嬉しい言葉 「だから 時間がなくなるから あっち行っててね
テレビ 見ててもいいからね、音 小さくしてね」  と・・・・どちらが親かわからない(笑)

そんなおかしなやりとりを繰り返しながら 形は違っても みんなそれぞれに頑張って生きていることを知ってくれたらいいなぁ と思う私です。

「サクラサク」・・・とは 他人が決める春では無いと・・・おもいます
自分で選んだ事を 精一杯やってみたなら 全員に サクラは咲くのです。
自分にしか見えないサクラかも知れないけれど、 胸の中 決して枯れないサクラです。