次ページ

麗さん歌いますvol.4  報告
2009 11月18日  19日  南青山MANDALA

今回は冒険の 二日間続けてのライブと言う事で
不安な準備期間でした。本当に皆さんが来てくださるのか・・

でも、あたたかい皆様のご支援のおかげで 両日とも満員のお客様にお越しいただき、素晴らしい時間を過ごすことができました。皆さんのお顔を思い出すだけで 胸がいっぱいです。

本当にありがとうございました。

一日目は 私としては 本当に珍しく喉の調子が悪く・・自分では30点・・・の歌でした。本当に ごめんなさい

満員のお客様は 皆さん 思い思いの時を過ごしているようでした。真剣に聞き入り 、時に涙し  思い出に浸り、思わず口ずさみ  うなづき 目を閉じ・・・・

好評だった2部の赤いドレス

仲間は宝物

40代の素顔

五人の弦の迫力!

1部は水色のドレスで「みずいろの手紙」

今回は 弦楽四重奏 ならぬ「五重奏」。
「オーバーフィフティーだから 50 にこだわったの」・・
と本人は言ったが・・・真っ赤な嘘(笑)

優しいメンバーが集まってくれて、いつの間にか五重奏になっていたのです。本当にで集まってくれる、あたたかな仲間達
「クラシックから演歌まで」麗さんの突拍子も無い思いつきに(汗)何でも応えてくれる ドラえもんズ なのです。

思いつくまま のほほんヘロヘロ(笑)とトークを繰り広げる麗さんのボケっぷりに、何の打ち合わせもしていなかったメンバーが本気で笑い、 お客様も巻き込まれ あたたかな雰囲気に包まれて行きます。

リハです

1部は昭和の懐かしい歌でお楽しみ・・

前回の歌でもう一度聞きたいとリクエストの多かった
みずいろの手紙 をオープニングに選びました

バタコの声の他にも 高木ハツ江さんや
二日目にはマイメロまで披露・・お客様は大喜びでした

「人生って、それだけで贈り物だと思う
日常の中にある喜びに気がつくのが上手になったら 毎日が輝いて見えると思います
ショーは終わっても 皆さんの人生っていうショーは 続いていくのだから。
味わってみませんか
自分を生かし切って欲しい。
悲しみや 辛いことはあるけれど だからこそ
人の優しさもわかるようになり、自分も優しくありたいと思えるようになった。。
年を重ねるのも なかなか素敵ですよ」